脱毛直後の運動はダメ!その理由は?運動してもいいのはいつから?

サロンやクリニックでは、脱毛直後は激しい運動を控えるように言われます。普段であれば運動は健康に良いものですが、なぜ脱毛後は運動してはいけないのでしょうか?また、いつから運動してもいいのでしょうか?脱毛後の運動がダメな理由とあわせてご紹介します。

脱毛直後の運動がダメな2つの理由

サロンやクリニックで脱毛を受けているひとは、脱毛直後の激しい運動を控えるように言われることが多いと思います。では、脱毛後の運動はなぜNGなのでしょうか?

理由①脱毛後の運動で体温が上がるため

脱毛では高温の熱を発生させるため、脱毛直後の肌はダメージを受けている状態です。イメージとしては日焼けをした直後の肌と一緒で、表面を冷却したとしても、まだ内部には熱がこもっています。

その状態で運動すると、血行が良くなって体温が上がり、冷やさなければならない皮膚をさらに温めてしまいます。

また、毛細血管が拡張することで、かゆみや赤みなどの症状が起きる可能性もあります。脱毛直後は肌を冷やすことが重要なので、体温を上げるような行為は控えましょう。

理由②脱毛後の運動で汗をかいて、雑菌が入りうるため

汗自体には雑菌は含まれていませんが、汗をかいた皮膚をそのまま放置しておくと、雑菌が繁殖してしまいます。

また、汗は毛穴から分泌されるものなので、汗をかくときは毛穴が開きます。そうすると、毛穴に雑菌が入りやすくなり、炎症を起こしてしまうことも。

脱毛直後は肌がデリケートになっているので、こうした雑菌への抵抗力が弱くなっており、肌トラブルが起きやすくなります。運動をしているかしていないかは問わず、汗をかいたときは、放置せずこまめにふき取るようにしましょう。

脱毛の前も運動してはいけない?

脱毛後の運動を制限しているサロン・クリニックは多いですが、脱毛前について明記しているお店は少ないです。しかし、脱毛前の運動についても控えるべきです。

確かに脱毛後と比べたら悪影響は少ないですが、先ほど紹介した2つの理由と同じで、運動後の脱毛が肌トラブルの原因となることがあるので控える方がベターでしょう。

また、運動後に制汗剤を使用すると、脱毛で使う光やジェルの効果が毛根に届きづらくなり、効果が薄れてしまう可能性があります。

このため、どんなに運動をしたい場合でも、脱毛直前の2~3時間前は運動しないようにしましょう。

脱毛後は、いつから運動してもいい?

脱毛の前後に運動を控えるべき理由は紹介しましたが、実際には、脱毛後いつから運動してもいいのでしょうか?

まず、脱毛した当日から翌日は絶対にNGです。照射をした後にはクールダウンする時間がありますが、あくまで一時的なものです。

その場で冷やしたとしても肌はダメージを受けている状態なので、当日と翌日は運動しないようにしましょう。

脱毛後の運動は、可能なら3日間は空けてから

またサロンでは当日のみ控えるようにアナウンスされることもあるようですが、可能であれば3日間は空けるのをおすすめします。

脱毛して数日経つと肌の赤みや痛みが引き、特に問題ないように見えるかもしれませんが、目で見て分からないだけで、皮膚の内部はまだ熱を持っている可能性があります。

3日ほど経てば脱毛直後に開いていた毛穴が閉じてきて、肌が正常な状態に戻ります。それまではなるべく運動はしないようにしましょう。

脱毛後の運動で、赤みやかゆみが出た場合は?

脱毛前後にしっかり時間を空けたとしても、運動して赤みやかゆみなどのトラブルが起きることはあります。その場合には、どのように対処すればいいのでしょうか?

かゆいからといって掻きむしると肌がさらに傷ついてしまうので、まずは肌を鎮静化するのに努めましょう。以下の流れで対処するのが有効です。

対処①保冷剤や氷をタオルで巻いて冷やす

まずはとにかく患部を冷やします。保冷剤や氷をタオル等で巻き、しっかり冷やしましょう。

対処②化粧水で保湿する

化粧水を浸透させたコットンで肌を保湿します。

対処③乳液、クリームで保湿する

十分に保湿したら、水分が逃げないように乳液やクリームでカバーします。

これらの対処をしても肌の問題が解決されない場合は、施術したお店や皮膚科に相談しましょう。

脱毛後、運動以外に注意すべきこと

脱毛するときには、運動以外にも肌の負担となる行為は避けるようにアナウンスされます。運動以外に注意すべきものは以下のとおりです。

注意①湯船やサウナ

運動と同様に、血行が良くなって体温が上がり、汗を流すのでNGです。脱毛直後は湯船やサウナには入らず、ぬるめのシャワーで優しく洗い流す程度にしましょう。

なお、タオル等でゴシゴシ擦ると、肌を傷めてしまう可能性があるので気をつけましょう。

注意②飲酒

飲酒も血行が良くなり体温が上がる行為です。さらに、飲酒をすると体内の水分が排出されるため、肌の乾燥に繋がります。

脱毛前後は飲酒を控え、水分を多めに補給して肌が乾燥しないようにしましょう。

注意③ヨガやマッサージ

ヨガやマッサージは激しい運動ではありませんが、長時間の実施によって血行が良くなって体温が上がり、運動と同様にかゆみや赤みが起きることがあります。

特にホットヨガは汗を掻きやすいので注意。激しい運動でなかったとしても、少なからず血行を促進する行為は肌の負担となりますよ。

注意④プール

運動やその他の行為とは理由が異なりますが、プールに入るのもNGです。プールの水に含まれる消毒用の塩素が肌の刺激となってしまうからです。

脱毛後の肌は、刺激に弱くデリケートな状態なので、普段気にしていない些細なことでも注意するようにしましょう。

運動習慣がある人におすすめの脱毛方法は?

運動の習慣がある人にとっては、制限がかかる脱毛期間が早く終わってほしいもの。そこで、脱毛期間の短さを基準に、おすすめのサロン・クリニックを紹介します。

脱毛のおすすめ①脱毛ラボ

サロンの中で脱毛期間が短いのが「脱毛ラボ」。継続して通うプランには月額制と回数パックの2つがあり、回数パックの場合は最短で2週間に1回の頻度で通えます。

フラッシュ脱毛は6回だとそこまで効果がないので12回のパックだと仮定すると、最短で6か月で完了する計算になります。

もちろん頻度は都合に合わせて選べるので、もう少し長い期間を空けることもできます。

脱毛のおすすめ②ディオーネ

ディオーネも最短2週間に1回施術できるサロンです(サロンは3~4週間を推奨)。こちらで採用している「ハイパースキン脱毛」は、ムダ毛のメラニン色素に反応させるタイプではないため、毛周期に関係なく脱毛できます。

12回コースで最短の頻度で通うと6か月で終了します。毛周期に関係なく脱毛できる特性を活かした、スピード脱毛だと言えるでしょう。

脱毛のおすすめ③アリシアクリニック

多くの回数が必要なサロンよりも短い期間で終わらせられるのが医療脱毛。アリシアクリニックはサロンのようなキャンペーンや料金プランを用意しているクリニックです。

全身脱毛コースには2か月に1回を目安に通う「スピード完了プラン」があり、通常の3〜4か月に1回よりも短い期間で完了できます。

基本の5回プランだと最短10か月で完了する計算になるので、他のクリニックと比べても早いのが魅力。

脱毛直後の運動は控えよう

ここまで、脱毛前後の運動がNGな理由と、運動以外にも注意したいポイント、また万が一赤みやかゆみが出てしまったときの対処法について解説してきました。

ジムなどに通って日常的に運動している人は、脱毛の日程が分かったらその前後は運動の予定を入れないようにすると良いでしょう。

みなさまがサロンやクリニックでアナウンスされる注意点をしっかり守って、安全で快適な脱毛ライフを送ることを願っています。