毛抜きでの脱毛、実はデメリットだらけ!もしやるとしたら注意点は?

毛抜きやピンセットは手軽に脱毛することができるアイテムですが、実は毛抜きでの脱毛ってデメリットだらけなんです。今回は、毛抜きを使った自己処理の特徴やデメリット、注意点についてお話します。

毛抜きでの脱毛はデメリットが大きい

毛抜きでの脱毛のメリットは、とにかく手軽であるということです。

ピンセット1つあればすぐに抜き取ることができます。また、なぜか肘の辺りに1本だけムダ毛が生えてしまっている、といった場合でも簡単に処理することができます。

毛抜きでの脱毛は毛根から毛を抜くため、シェーバーなどで「剃る」のと比べ、処理した毛穴からすぐに生えてきてしまうということがありません。

しかし、この毛抜きにはメリットを大きく上回るデメリットが存在するのです。

毛抜きのメカニズムとデメリット

そもそも毛抜きを使用したとき、肌はどのようになっているのでしょうか。毛抜きのメカニズムとデメリットについてご説明します。

毛抜きでのデメリット①:炎症を起こし、かさぶたができることも

私たちが毛抜きを使用して毛を抜く際、皮膚表面に出てきている毛(毛幹)をつまみ引き抜きます。

そうすると皮膚の下に埋まっている毛(毛根)までを引き抜くことができます。毛根部は毛幹部よりも太くできており、毛抜きでの脱毛を行うと毛穴が大きく開いてしまうことになります。

毛穴が開くと脳が「傷を受けた」と認識して、皮膚を治すためにかさぶたができたり、皮膚同士がくっついて保護を行います。また、雑菌類が侵入しやすくなり「毛嚢炎」という炎症を起こしてしまう可能性もあります。

毛抜きでのデメリット②:「埋没毛」の原因となる

雑菌類の侵入を防ぐために体が毛穴を閉じることは、体を保護するメカニズムとして非常に重要なのですが、毛穴から出てくる毛の事を考えれば非常に困ったことになってしまいます。

新たな毛がふさがってしまった毛穴から育つと埋没毛という現象になってしまいます。埋没毛になると毛は皮膚表面に出てくることができないため、皮膚の中で成長を行います。

それによって皮膚の表面からは黒くぶつぶつとした見た目になってしまい、きれいな肌から遠ざかってしまいます。

埋没毛はそのまま放置していても、時間の経過とともに分解されて排泄される可能性もあります。しかし、その過程で色素沈着や炎症を引き起こしてしまうこともあります。

毛抜きでのデメリット③:シワやたるみ、黒ずみの原因にも

皮膚には表皮・真皮・皮下組織があり、毛抜きでの除毛を繰り返すことでこの組織にダメージを与え続けてしまうと、徐々に正常な肌をつくることができなくなり、シワ・たるみの原因となってしまうこともあります。

そうして肌が荒れた結果、黒ずみができてしまう可能性もあります。せっかく毛を抜いてきれいにしても肌が荒れていると意味がないですよね。

もし脱毛しているなら毛抜きでの自己処理はNG

もしサロンやクリニックで脱毛を受けている場合、絶対に毛抜きでの自己処理はしてはいけません。

脱毛前の毛抜きはNG!

脱毛サロンでの施術前には「ムダ毛を処理してくるように」という指導があります。しかし、このムダ毛処理の方法もなんでもいいというわけではないのです。

脱毛サロンにしろ、家庭用脱毛器にしろ、主な脱毛法は毛に反応する光を照射して行う光脱毛です。光脱毛の多くはメラニン色素に反応する光を照射して、毛根への熱によるダメージを与えるものです。

したがって毛の抜けた状態で行っても十分な効果を得ることができないどころか、まったくの意味がなくなってしまう可能性もあります。

脱毛後の毛抜きもNG!

脱毛前の毛抜きはNGですが、脱毛後はOKというわけではありません。

脱毛後の肌はダメージを受けた状況にあるので、そこに毛抜きでダメージを与えてしまうと、肌トラブルの原因となってしまう可能性も大いにあります。

毛抜きでの脱毛は「毛周期」を乱れさせる

また毛周期と脱毛の関係から見ても、毛抜きを行うことはよくありません。毛周期は毛が生えてから抜けるまでのサイクルのことで、以下の4期から成り立ちます。

①成長初期…毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、毛が成長を始める
②成長後期…毛がさらに成長し、皮膚表面に出てくる
③退行期…毛母分裂の細胞分裂が止まり、毛根から毛が離れていく
④休止期…毛が完全に抜け落ち、次の毛を生やすための準備が行われる

毛周期は人それぞれに異なり、また身体の部位ごとによっても違います。脱毛サロンなどで、適切な脱毛頻度を「おおよそ2か月」と設定しているのは、全身の毛をできる限り効率よく、無駄がないようにするためです。

脱毛サロンなどでの施術期間の合間に毛抜きでの脱毛を行なってしまうと、この脱毛サイクルが崩れてしまうため、効果的な脱毛を行うことができなくなってしまいます。

どうしても毛抜きをしたい場合の注意点は?

ここまでお話しした通り、毛抜きでの脱毛は可能な限り行わないほうがよいですが、どうしても毛抜きでの脱毛を行いたい場合の注意点を紹介します。

毛抜きでの脱毛をする場合の注意点①皮膚をやわらかくし、毛穴を広げておく

毛を抜く際に極力ダメージがこないように、蒸しタオルなどで皮膚をやわらかくし、毛穴を広げておきます。また、同じ効果を得ることができるお風呂上りに行なうのも良いでしょう。

毛抜きでの脱毛をする場合の注意点②抜くときは毛の方向に沿って抜く

抜く時には必ず、毛の生えている向きに剃って抜くようにしましょう。逆毛で抜いてしまうと皮膚に負担がかかります。

毛抜きでの脱毛をする場合の注意点③無理には抜かない

抜く時にどうしてもうまくいかない場合もあります。その場合は無理に抜くことはせずに、簡単に抜ける毛だけを抜くようにしましょう。

毛抜きでの脱毛をする場合の注意点④必ず入念なケアを行なう

毛を抜いた後には必ず化粧水などを使い、保湿と肌の引き締めをするようにしましょう。

毛抜きによるセルフ脱毛は、極力行わないのが正解!

女性にとってムダ毛は身近な問題でありながらも、なかなか他人にも相談しづらいことですよね。

毛抜きでの自己処理は費用もかからず、毛穴からしっかり抜けていい方法に思えてしまうかもしれません。

しかし、多くのデメリットやリスクをはらんだ方法でもあります。安全にムダ毛の悩みを解決しようと思えば、やはり一番ケアをしっかり受けられる脱毛サロンや医療脱毛クリニックに行くことです。

脱毛方法もサロンなどに通うものから自宅での家庭用脱毛器や除毛クリームなど、さまざまな方法があります。以下の記事もチェックしてみてください。