脱毛前のシェービングで気を付けたい5つのポイント!もし忘れたらどうなる?

サロンやクリニックで脱毛を受ける前にしなければいけないのが、ムダ毛のシェービング。しかし、「なぜシェービングするの?」と疑問に思う人もいるかもしれません。今回は、シェービングと脱毛の関係を説明した上で、気を付けるべきポイントを5つ紹介します。

脱毛前にシェービングが必要な理由

脱毛サロンやクリニックで脱毛するとき、「事前にシェービングしてきてください」と言われます。

ムダ毛が少しくらい生えていても、光やレーザーで処理できそうなのに、なぜ綺麗に剃らなければならないのでしょうか?それには2つの理由があります。

脱毛前にシェービングが必要な理由①:脱毛効果を高めるため

脱毛では、おもに光やレーザーを当てて、ムダ毛のメラニン色素に反応させて毛根にダメージを与えます。

しかし、ムダ毛が長く伸びた状態だと、伸びている部分に光やレーザーが反応してしまい、毛根に上手く熱を伝えられません。その結果、脱毛効果を最大限に発揮することができなくなってしまいます。

一方で、短すぎても脱毛機がメラニン色素を見つけられず、ダメージを与えられないので適切な長さにする必要があります。

脱毛前にシェービングが必要な理由②:肌トラブルを防ぐため

2つ目の理由は、肌トラブルの防止。

光やレーザーを照射した時に長く伸びた毛に反応すると、大きな熱が発生します。この熱が肌に大きな負担をかけ、場合によってはヤケドしてしまう可能性もあります。

肌への負担を最小限に留めるためにも、シェービングで長い毛を処理しておく必要があるのです。

脱毛前にやってはいけない自己処理

脱毛前に、自己処理でシェービンングする理由をお伝えしましたが、なぜ、他の処理方法ではダメなのでしょうか?

光脱毛にはメラニンに反応する特殊な光を使って脱毛効果を得ます。その為、毛を抜く行為(脱毛テープ、毛抜き)や、毛を溶かす行為(除毛クリームなど)をしてしまうと、メラニン色素がなくなってしまう事があるので、脱毛の効力が十分に発揮できません。

しかも、除毛クリームはタンパク質を溶かす効果で除毛する為、肌に大きな負担がかかり、脱毛前には不向きといえます。

なので、各サロン・クリニックの指示に従って、正しくシェービングしましょう。

脱毛前のシェービングで気を付けたい5つのポイント

では、いざ脱毛前にシェービングするときには、どんなことに注意すればいいのでしょうか?

ここでは上手くシェービングを行うための5つのポイントを紹介します。

脱毛前のシェービングのポイント①サロン指定のタイミングを守る

お店によってシェービングのタイミングの指定は異なりますが、「2日前~前日まで」と指定するところが多いです。

なぜ脱毛直前に剃らないかというと、シェービングによってムダ毛が短くなりすぎるのを防ぐのと、傷ついた肌を休めるためです。

特にカミソリなどで剃った直後は肌が敏感な状態になっており、そのまま脱毛するとさらに肌を傷めることになりかねません。

脱毛前のシェービングのポイント②毛の長さは1mm以下にする

脱毛の光やレーザーはメラニン色素に反応すると先ほど説明しましたが、毛が全く生えていない状態だと反応する部分が無くなってしまい、脱毛効果は落ちてしまいます。

理想の長さは1mm以下で、毛穴にポツンと黒い毛が残っている程度で構いません。

2日前~前日までにシェービングすれば自然とその長さまで伸びてくるので、そのタイミングで剃れば長さを気にする必要はほとんどないでしょう。

脱毛前のシェービングのポイント③カミソリよりも電動シェーバーがおすすめ

ムダ毛の自己処理というとカミソリが一般的かと思いますが、カミソリよりも電動シェーバーでの除毛をおすすめします。

特にカミソリは肌に直接刃が当たるため、目に見えないような細かな傷が肌に付いてしまい、肌を守る機能が弱まってしまいます。

電動シェーバーであれば痛み無くムダ毛を剃れますし、うっかり肌を切ってしまう危険性も少なくなります。

脱毛前のシェービングのポイント④毛の流れに沿って剃る

上手くシェービングするには剃り方にもコツがあります。基本は毛の流れに沿ってシェーバーを動かすこと。

毛の流れに逆らった方がパット見はきれいに剃れますが、肌の角質を傷つけてしまい、ヒリヒリすることがあります。また万が一カミソリ負けなどを起こしてしまうと、傷の部分は脱毛を受けられなくなってしまいます。

またコツとしては、腕や脚などの広範囲を剃る場合は、長い1本線を描くように動かすのがポイント。反対に、狭い部位や曲がった箇所を剃る場合は、こまめに動かしながら剃ると上手く仕上がります。

脱毛前のシェービングのポイント⑤シェービング後は保湿する

シェービング後に大切なのが保湿。ムダ毛を剃った後は肌が敏感になっているので、化粧水やボディクリームなどで肌に潤いを与えましょう。

しっかり保湿することで肌のコンディションを整い、脱毛時の肌トラブルを防ぐことにつながります。

剃り残しや自己処理を忘れた場合はどうなる?

脱毛前にシェービングが必要だとわかっていても、うっかり忘れてしまったり、自分でシェービングしづらい背中やVIOなどに剃り残しがあることもあると思います。

そのような場合、サロンやクリニックでは以下いずれかの対応がなされます。

・剃り残しの部分の施術をしない
・有料でシェービングしてもらう
・無料でシェービングしてもらう

どの対応になるかはお店やプランによって異なりますので、事前にシェービングのポリシーについて確認しておきましょう。

有料の場合、追加料金として目安で1,000~3,000円かかることが多いです。ただし、自分では剃りにくい部位が脱毛プランに含まれている場合、事前のシェービングを無料にしてくれるサロンもありますよ。

サロン・クリニックごとのシェービングまとめ

ここでは、人気の脱毛サロン・脱毛クリニックそれぞれのシェービング方針についてまとめたのでご紹介します。

脱毛前のシェービング:サロンの場合

サロン シェービング対象部位 シェービング代
キレイモ 全身(パックプランのみ) 1,000円
銀座カラー えりあし・背中・腰・お尻・Oライン
(シェーバー持参のみ対応)
3,000円
ストラッシュ 全身(パックプランのみ) 1,000円
恋肌 うなじ・背中上下・腰・お尻(回数制のみ) 1部位につき800円
ミュゼ えりあし・背中・Oライン 有料でもシェービング不可
シースリー 全身(顔・VIOはシェーバー持参のみ対応) 無料
脱毛ラボ 全身 無料
ジェイエステ 全身 無料

脱毛サロンの場合、無料でシェービングしてもらえるところもありますが、キレイモや銀座カラー、ストラッシュなどのサロンでは有料となります。またミュゼ・プラチナムは有料でもしてくれないことになっています。

余計な費用をかけず、スムーズな脱毛のために、自分でできる範囲のムダ毛処理はしっかり行っておきたいところですね。

脱毛前のシェービング:クリニックの場合

クリニック シェービング対象部位 シェービング代
アリシアクリニック えりあし・背中・腰・Oライン
(剃り残しが多いと有料)
2,000円
レジーナクリニック 全身 無料
リゼクリニック 全身 無料

脱毛クリニックの場合は、アリシアクリニックの場合は有料ですが、レジーナとリゼは無料で全身をシェービングしてくれます。

ただサロンと同様に、自分でできる範囲でシェービングする必要はありますので、全く処理をしないで行くのは控えましょう。

丁寧にシェービングして脱毛に臨もう

ここまで、「なぜ脱毛前にシェービングしなければいけないのか?」という理由と気をつけたいポイント、各サロン・クリニックのシェービングに関するポリシーをご紹介してきました。

基本的にどのお店でも、自分でできる範囲でシェービングするように言われますので、剃り残しがないように丁寧にシェービングして、脱毛に臨みましょう。

どうしても自分でシェービングを行う自信がない場合は、無料カウンセリングで詳しく方法を聞いてみてくださいね。