脱毛前後の予防接種はNG?いつからなら脱毛できる?各サロンの対応まとめ

脱毛する時には、日焼けや飲酒、生理中などいくつかNGなことがありますが、そのひとつが予防接種。脱毛と関係なさそうに思えますが、実は大きく関係しています。今回は、脱毛前後の予防接種の可否やその理由、人気の脱毛サロンの対応について解説します。

脱毛前後の予防接種はNG!その理由は?

脱毛を受ける前後に予防接種も受けることは、どのサロン・クリニックでもNGとしています。それには主に3つの理由があります。

脱毛の前後に予防接種がNGの理由①体調が変化しやすいから

予防接種というのは、弱毒化もしくは無毒化した病原体をワクチンとして投与し、体内に抗体を作り出して病気を予防するものです。

弱毒化・無毒化されたとはいえ、病原体が体内に入ってきたことにより、抗体が出来るまでは体が病原体と戦う反応が起きることがあります。

微熱、発疹などの軽い症状が起きることがあり、体調は万全な状態ではありません。そのような状態で脱毛すると、脱毛中に気分が悪くなるなど、体調が悪化する可能性があります。

また脱毛を受けて体調が少なからず変化している状態で予防接種を受けるのも、体調悪化のリスクが高まります。

脱毛の前後に予防接種がNGの理由②肌トラブルが起きやすくなるから

脱毛は肌に大きな負担をかける行為で、フラッシュ脱毛では60度以上、レーザー脱毛では200度以上の高温にさらされることで、肌は乾燥しやすくなり、バリアの役割も弱まります。

予防接種を受けると、体調の変化に伴って肌のコンディションも万全ではなくなります。そのような状態で脱毛を受けてしまうと、肌トラブルを引き起こしやすくなってしまうのです。

脱毛の前後に予防接種がNGの理由③痛みを感じやすくなるから

予防接種を受けたあとは肌が敏感になっています。そのような時、普段はなんともない刺激でも、強い痛みを感じることがあります。

また、注射を打った箇所は腫れて痛いこともよくあります。そこにさらに脱毛の刺激を加えると、やはり痛みは増すでしょう。

摂取したワクチンの種類や人によっては痛みが長く続くこともあるので、サロンやクリニックはしばらくの期間を空けるように注意喚起しているのです。

脱毛前後の予防接種、どれぐらい期間を空ければいい?

では、脱毛の前後に予防接種を受ける予定がある場合、どれくらいの期間を空ければいいのでしょうか?人気の脱毛サロンやクリニックごとのポリシーを、一覧でまとめてみました。

サロン・クリニック 脱毛前後の予防接種で空けるべき期間
キレイモ 前後2週間
エピレ 前後4日間
銀座カラー 赤み・腫れが引くまで
(日数の明記なし)
ストラッシュ 前後1週間
恋肌 明記なし
ミュゼプラチナム 前後10日間
シースリー 明記なし
脱毛ラボ 接種後3日間
ジェイエステ 前後1週間
エステティックTBC 前後4日間
ディオーネ 接種後約1か月
リンリン 前2日&後7日
湘南美容クリニック 前後10日間
レジーナクリニック 前後10日間
リゼクリニック 前後2週間
アリシアクリニック 前後10日間

基本的に脱毛の前後1~2週間も空いていれば、脱毛可能なサロンが多いようです。

しかし、接種したワクチンによっては腫れや痛みが長く続く場合もありますので、サロンの決まりでOKとされていたとしても、体調が優れない場合は脱毛を控えましょう。

期間が明記されていないお店に関しては、カウンセリング時に確認すると良いでしょう。

予防接種以外の注射なら、脱毛してもOK?

ここで気になるのが、予防接種以外の注射も、脱毛前後でNGのなのか?ということ。

予防接種以外の注射というと、ヒアルロン酸やボトックス注射などの美容注射や、血糖値を下げるためのインスリン注射などがあります。

これらの注射に関して、脱毛するときの注意事項として明記はされていませんが、基本的に脱毛と同時に行うことは推奨されていません。予防接種と同様に肌に刺激を与え、体調を変化させうる行為だからです。

ただ美容皮膚科を設けているクリニックでは、医療脱毛と美容注射の両方ができるところが多いです。注射の前後にある程度の期間が設けられていれば脱毛しても問題ありませんので、通っているクリニックに確認してみましょう。

もし脱毛前後に予防接種をしてしまったら?

もし脱毛の予約日までの1〜2週間以内に予防接種をしてしまったら、すぐにお店に連絡をして予約日を変更してもらいましょう。

予約を変更せずにそのまま行っても施術を断わられることが考えられますし、予防接種したことを隠して施術を受け、何かしらのトラブルがあっても、お店はルールとして周知しているので責任は取ってくれません。

万が一肌トラブルが起きたら治療費がかかる上、脱毛完了までの期間が遅れてしまいます。予防接種と被った時に自己判断で脱毛するのは避け、予約日をずらしましょう。

家庭用脱毛器の場合でも、予防接種は避けた方が無難

サロンやクリニックでは予防接種の前後に脱毛してはいけないことをお伝えしてきました。では、家庭用脱毛器の場合はどうなのでしょう?

結論を言うと、サロンと同様に期間を空ける方が良いです。家庭用脱毛器はサロンのフラッシュ脱毛よりも弱い出力で脱毛しますが、肌に負担がかかるのは同様です。このため、脱毛によって肌トラブルが起きる可能性も十分にあります。

また、家庭用脱毛器を使う場合、発生したトラブルはすべて自己責任です。自己判断で使用してあとで困ることが無いよう、トラブルの原因となることは避けた方が無難でしょう。

脱毛する時は予防接種の予定に注意しよう

以上、脱毛と予防接種の関係について解説してきました。

予防接種の前であっても後であっても脱毛が悪影響を及ぼす可能性があります。特に予防接種の直後は体調や肌の不調を起こしやすくなるので、脱毛する時は予防接種の予定に注意してください。

お店によって脱毛前後にしてはいけない行為と期間が定められていますので、自分の身体を守るために、必ずルールを守り、快適で安全な脱毛ライフを過ごしてくださいね。