VIO脱毛で人気の形は?どれが男性に受ける?定番から変わり種まで色々なデザインを紹介

最近処理する人が増えているVIO脱毛。アンダーヘアを脱毛すると聞くと、「男性受けはどう?」「どんな形がいい?」といったことが気になるかと思います。今回は、VIO脱毛のメリット・デメリットや色々な形を紹介していきます。

そもそもVIO脱毛とは?受けるメリット・デメリットは?

女性 疑問

「VIO」というのは、太ももの付け根から三角になっているVライン、陰部の両サイドのIライン、肛門まわりのOラインの3か所を合わせた呼び方です。

3か所をそれぞれ脱毛することも出来ますが、基本はセットで脱毛します。見た目のイメージで言うと、太ももを閉じて正面から見える部分がVライン、正面から見えない部分がIライン、肛門周辺がOライン。

デリケートゾーンを中心にした前から後ろに向かってV→I→Oの順番になっていると覚えれば分かりやすいかと思います。

VIO脱毛を受けるメリット…衛生面や見た目に清潔感を得られる

VIO脱毛をすることで、蒸れにくくなり、デリケートゾーンを清潔に保つことができます。尿や経血が付着することもなく、匂いをはじめとした不快感が軽減されます。

また、水着や下着を着たときにはみ出すといった心配がなくなるため、見た目にも清潔感があり、安心してアクティブに動くことができます。もちろん、自己処理をしなくてよくなるのも大きなメリットの一つです。

VIO脱毛を受けるデメリット…施術時の痛みと恥ずかしさ

VIO脱毛する時の一番のデメリットは、痛みを感じやすいこと。粘膜に近い箇所は皮膚がとても薄く、敏感なため肌トラブルを起こしやすい場所でもあります。

また、VIO脱毛は多くの人が恥ずかしいと感じるかと思います。しかし、施術をする側はプロ、そして基本的に女性スタッフが行うものなので、本来気にする必要はありません。

VIO脱毛に対して男性側はどう思ってる?

出典:リゼクリニック

さて、VIO脱毛で気になるのが男性の意見。どんな毛量や形にしてほしいと思っているのでしょうか?

2019年にリゼクリニックが行なったアンケート調査によると、20~40代の男性のうち、69.7%の人が異性に対して「手入れして欲しい」と回答しました。約7割と多くの男性が整えてほしいと思っていることが分かります。

高収入男性には「無毛」もかなり人気!?

次に、理想の毛量と形に関する質問では、「全体的に薄く」と回答する男性が25.7%でトップ。ここで気になるのが、年収1000万円以上の男性に限定すると、23%の人が「無毛」と回答していること。なぜか、年収が高いと無毛状態を好む人の割合が多くなることが判明しました。

さらに、異性にアンダーヘアを処理して欲しい理由については、「見た目の清潔感」が71.3%がトップとなりました。やはり手入れせずボーボーに生えているのに抵抗がある人は多いようです。

Vラインの人気の形は?定番から変わり種まで7種類をご紹介

VIO脱毛においては、IラインやOラインは人に見えないところのため、ツルツルを目指す方が多いのですが、人によって仕上げ方が変わるのが、Vラインの形。いろいろなデザインがある中で、どんな形が人気なのでしょうか?ここでは全部で7種類のデザインを紹介します。

逆三角形型(トライアングル)

人気No.1は逆三角形型。ビキニラインに合わせて縦長の逆三角形に形を整えます。自然に生える範囲よりも面積が狭いため、露出の多い水着や下着を身に着けるときにも毛がはみ出す心配がありません。清潔感も上々で、男性ウケも

ナチュラル

初めてVIO脱毛する時や彼の好みが分からない場合におすすめなのが「ナチュラル」。もともと生えている形を生かして整えるため、「いかにも脱毛した」という感じが少なく、自然な見た目に仕上がります。ただし、幅の狭い水着や下着を着た時には少しはみ出してしまう可能性もあります。

たまご型(オーバル)

女性らしいアンダーヘアでふんわりと優しい印象を与えられるのが「たまご型」。面積が狭く確実に下着の中に収めたい人に試してみて欲しい形です。

丸みを帯びた形は四角く角張ったデザインよりも自然な印象があり、いかにも整えた感じのするデザインに抵抗がある人にもおすすめ。

スクエア型

逆三角形よりもさらに幅を狭くして長方形にしたデザイン。デリケートゾーンに沿って縦長の四角形のような形になります。スポーティーな印象があり、しっかり整えている感じを出したい人におすすめ。

Iライン型

長方形よりもさらに幅を狭めてIの字の形にしたデザイン。ハイジニーナ脱毛まではしたくないけれども、極力デリケートゾーン全体の毛量を少なく抑えたい人向けです。大胆な水着・下着のファッションを楽しめるほか、デリケートゾーンをより清潔に保てます。

ハイジニーナ

VIOのすべての毛を無くしたのが「ハイジニーナ」。欧米では一般的なスタイルであり、「衛生的な」という語源のとおり、清潔さを保つことができます。

アンダーヘアが生えていることによるにおいを防げるほか、ツルツルな肌触りが良いなどメリットも多いスタイル。高収入な男性が好むというアンケート結果もありますが、個性が強いスタイルのため、好みが分かれることも。

ハート型

個性的なデザインでおしゃれをしたい人におすすめなのが「ハート型」。面積は小さめなので下着に完全に収めることができます。しかし個性が強いので、男性ウケの面でいうと未知数なところがあるかもしれません…。

自分も見る人も満足するアンダーヘアを脱毛で手に入れよう

ここまでVIO脱毛のメリット・デメリットからいろいろな形まで紹介してきました。アンダーヘアの自己処理には肌を傷つけるリスクも高いため、綺麗に仕上げるならサロン・クリニックで脱毛の施術を受けるのがおすすめです。

あらかじめ形を決めておくとカウンセリングがスムーズに進みますので、お気に入りのデザインを選んで脱毛しましょう。