VIO脱毛のメリットとデメリット!気になる痛みや効果とは?

ここ数年のあいだに、女性にとって常識になってきた、VIO脱毛。よく耳にする名称ではありますが、実際はどの部分のことを指し、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

VIO脱毛ってなに?

そもそも「VIO」とは、女性の3部位のデリケートゾーンを総称した言葉です。その部位を脱毛することを、「VIO脱毛」といいます。

V・I・Oは、それぞれの部位の形を表していて、次の場所を指します。

「Vゾーン」とは

Vは、体の前面のビキニラインのことです。

脱毛する場合、ショーツからはみ出す部分だけを脱毛することも、ショーツで隠れる部分まで脱毛することもあります。

「Iゾーン」とは

Iゾーンは、ショーツにあたる、大陰唇・少陰唇の部分です。Iゾーンは湿度が高くなりやすく、Iゾーンにアンダーヘアがあると生理中の群れの原因にも繋がります。

Iゾーンを脱毛する場合、粘膜の部分を避けて脱毛することになります。

「Oゾーン」とは

Oゾーンは、肛門の周りのことを指します。大体、肛門から直径5〜6cmの円形を指すことが多いようです。

自分では見えない部分ですがアンダーヘアが生えやすく、衛生面を考えて脱毛する女性も増えています。

VIO脱毛は今や常識?

これまでの脱毛は、人目に触れやすい腕や足が一般的でした。

しかし最近は、見た目や衛生面を気にして、VIO脱毛を行う女性が増えてきています。

そうはいってもデリケートな部分なので、人には聞きづらいもの。VIO脱毛について、疑問を持っている女性も多いかもしれません。

そこでまずは、VIO脱毛のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

VIO脱毛のメリットは?

まずは、VIO脱毛のメリットについて。VIO脱毛を行うことで、どんないいことが期待できるのでしょうか。

水着や大胆なランジェリーが楽しめる

VIO脱毛で1番のメリットは、水着や下着からアンダーヘアがはみ出す心配をしなくて良いこと。
大胆なファッションや夏場のレジャーも、安心して楽しむことができます。

下着は女性にとってすごく大切なもの。アンダーヘアを気にせず好きな下着を選べると、女性としての魅力も上がっていきそうですね。

デリケートゾーンを清潔に保てる

VIOゾーンは雑菌が溜まりやすい場所。そのせいか、ニオイやかゆみ、黒ずみに悩んでいる女性も多いものです。

そんなデリケートゾーンも、VIO脱毛を行えば常に清潔に保つことができます。トラブルの減少も期待できます。

生理中が楽になる

先にもご説明したとおり、VIOのなかでも特にIゾーンは蒸れやすく、生理中は不快感があったり、ニオイが気になったりするかもしれません。

蒸れやすさの原因は、実はアンダーヘア。VIOを脱毛してアンダーヘアを減らせば、蒸れることもなくなり、生理中も快適が続きますよ。

彼氏に好感が持たれる

VIO脱毛でデリケートゾーンがきれいになることで、彼とのナイトシーンがよりスムーズになります。

形を変えたりと変化を出すことで、いつもより盛り上がるかもしれません。

VIO脱毛のデメリットは?

女性 疑問

続いては、VIO脱毛のデメリットについてご説明します。

脱毛中に恥ずかしい…

VIO部分は、自分でもあまり目にする場所ではありませんよね。

しかし脱毛するとなると、その部分を自分でじっくり見なければいけません。サロンなどで脱毛を行う場合も、サロンの店員さんに見られてしまいますよね。

デリケートな部分だからこそ、少し恥ずかしく感じてしまう人もいるかもしれません。

痛みが伴うことも

VIO脱毛は、どの方法で行っても、ある程度の痛みが伴います。

痛みの感じ方は人それぞれ違うので一概には言えませんが、ゴムをぱちんと弾かれるくらいの痛みの人もいれば、一瞬じゅっと焼けるような痛みを感じる人も。

なんにしろ、ある程度の痛みはあると思っておいたほうが良いでしょう。

形によっては銭湯や温泉で気になる

VIO脱毛のVの部分は、脱毛によって形を整えることができます。

しかし整えすぎると、銭湯や温泉などで周りの視線が気になることもあるかもしれません。

気になる人は、自然に近い形に整えると良いでしょう。

脱毛後は基本的にもとに戻せない

これはVIOに限った話ではありませんが、一度脱毛をすると、基本的に元の状態には戻せません。

誤って不自然な形に整えてしまっても、すぐに生えてくることはないので、気をつけてくださいね。

VIO脱毛は自宅でできる?

さて、メリットやデメリットがわかったうえでVIO脱毛を行いたいという人は、どのような方法で脱毛をするか考えていきましょう。

VIO脱毛の方法は、大きく分けるとふたつ。自宅で自己処理を行うか、サロンなどでプロに脱毛をしてもらうかです。

それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

自己処理の方法

VIO脱毛を自己処理を行う場合、シェーバーで行う方法と、除毛クリームで行う方法、脱毛器で行う方法が一般的です。

シェーバーで行う場合

IゾーンやOゾーンまでシェーバーで脱毛するのはかなり危険です。デリケートな粘膜や女性器を傷つけてしまう可能性もあるので、自分で見えるVラインまでにとどめておいたほうが良いでしょう。

ただVライン部分も、人によっては肌荒れしてしまうことがあります。少しずつ様子を見ながら脱毛を進めましょう。

除毛クリームで行う場合

除毛クリームは、気になる部分に塗るだけでその部分を除毛できるクリームのこと。

脱毛サロンに通わずとも自宅で手軽に除毛できることが人気で、腕や足に使っている女性が多い商品です。

そんな便利な除毛クリームですが、IゾーンとOゾーンには使えないことがほとんどなので注意しましょう。粘膜部分から遠い、Vラインにのみ使うようにしてください。

VIOはデリケートな部位なので、使用上の注意をしっかり読んでから使ってくださいね。

脱毛器で行う方法

サロンで行う脱毛を自宅でできるのが、脱毛器。こちらもIゾーンとOゾーンへの使用は推奨されていないものが多いので、説明書をしっかり読むようにしてください。

サロンでの方法

サロンで行う場合、サロンによって使用している機械は異なりますが、腕や足と同じように、光やレーザーを当てて脱毛を行います。

一般的に、サロンに行く前に自宅でできる限りVIOのアンダーヘアを処理する必要があります。

VIO脱毛の効果はどれくらいで現れる?

VIO脱毛には様々な方法がありますが、どの方法で行うにしても、1度で効果が現れるものではありません。

個人差があるので一概には言えませんが、サロンの場合は4〜6回ほどでアンダーヘアが気にならなくなってくることが多いようです。

自宅で処理をする場合、生えてくるスピードが遅くなったり、薄くなってきたりする可能性はありますが、完全に生えてこなくすることはできません。

もちろん、処理した直後にはアンダーヘアーが整った状態になりますが、再び生えてくることは覚えておきましょう。

VIO脱毛後の注意点は?

女医 だめ NG

脱毛後のVIOゾーンは、非常にデリケートな状態になっています。肌トラブルを起こさないためにも、しっかりと保湿するようにしてください。

これは、自宅でもサロンでも同じです。保湿クリームやデリケートゾーン用のクリームなどをしっかり塗り込んでください。

またVIOゾーンなのであまり心配はいらないかもしれませんが、日焼けにも注意。脱毛直後に水着を着て外に出たりせず、少し時間を置くようにしてください。

VIO脱毛ができるおすすめサロンは?

さて、それでは最後にVIO脱毛ができるおすすめのサロンとクリニックをご紹介します。

アンダーヘアの処理は自宅でもできますが、やっぱりしっかり脱毛したいなら、サロンやクリニックでの脱毛がおすすめ。

価格もお手頃なところが多いので、通いやすい場所にないかチェックしてみましょう。

ミュゼプラチナム

全国に170以上もの店舗を持つミュゼプラチナム。24時間ネットで予約をすることもでき、自宅近くの店舗を探しやすいのではないでしょうか。

ミュゼプラチナムが取り入れる「S.S.C.方式」の美容脱毛は痛みを感じにくいのが特徴で、VIOゾーンの脱毛を始めて行う人にもおすすめです、

Vラインだけでいい人は、ワキの脱毛とセットで6回100円という破格のコースもあります。

銀座カラー

銀座カラーのVIO脱毛は、気にならなくなるまでずっと通い放題コース!

1年間で最大8回まで通うことができるので、最短かつ限りなく完全に脱毛したいという人におすすめです。

VIO脱毛ができるおすすめクリニックは?

続いてご紹介するのは、VIO脱毛ができる医療クリニックです。

アリシアクリニック

アリシアクリニック イメージ ゆうこす

アリシアクリニックのVIO脱毛は、脱毛範囲が広い「スムース」コースと、脱毛範囲が狭いけどそのぶん価格が安い「ビューティ」コースの2種類から選ぶことができます。

デリケートゾーン用のケア用品も取り扱っており、VIO脱毛後のアフターケアまで安心して任せられます。

リゼクリニック

全国に店舗を構えるリゼクリニックのVIO脱毛は、初めての人を応援する「トライアルプラン」がおすすめ。施術できる院は限られていますが、お得な価格で数回試すことができます。

VIO脱毛は不安だからまずは少し試してみたいという人は、まずこちらから通い始めてみてはいかがでしょう。

VIO脱毛で女子力UP!

VIOラインは人目につく部分ではないからこそ、脱毛で差が付く部分です。

痛みや恥ずかしさで敬遠しがちかもしれませんが、衛生面でのメリットも大きいもの。ぜひ検討してみたください。