脱毛前後の飲酒はNG!その理由と人気サロンやクリニックのポリシーをご紹介

脱毛サロンやクリニックで脱毛を受けている場合、脱毛の前後にお酒を飲むのをNGとしているところが多いです。今回は自己処理の場合も含めて、脱毛前後の飲酒がNGの理由や、人気サロン・クリニックのキャンセルポリシーなどをご紹介します。

脱毛前後の飲酒がNGの理由って?

脱毛の方法は、サロンで受けるフラッシュ脱毛やクリニックのレーザー脱毛、ニードル脱毛、家庭で脱毛器を使ったりカミソリで剃ったりなど様々な種類があります。

ただいずれの方法でも、脱毛前後に飲酒しないように薦められています。

実際に、大手脱毛サロンの「ミュゼ(ミュゼプラチナム)」では、前後12時間以内に飲酒をしていると施術を受けられないという注意事項もあるほど。

ではここからは、脱毛の前後の飲酒がNGな3つの理由をご紹介します。

飲酒によって肌トラブルの可能性があがる

お酒を飲むと肌が赤くなる人って居ますよね。アルコールを摂取すると血管が拡張して、血流が良くなり、体温が上がるから赤くなるのです。

そうすると、体質によってはかゆみや湿疹が出てしまうことも。

このように、飲酒によって血流がよくなることで肌のコンディションが悪くなり、脱毛で刺激を与えてしまうと、肌トラブルを起こしてしまう可能性があがるのです。

飲酒によって肌が乾燥し、脱毛効果を感じにくくなる

アルコールには利尿作用があるので、飲酒によって水分を摂っているように思えても、トイレの回数が増えたり発汗によって、体中の水分が奪われて肌は乾燥してしまっています。

肌が乾燥すると、脱毛で照射した光やレーザーが皮膚の奥まで届かなくなってしまい、乾燥していない健康状態の肌と比べると脱毛効果を感じにくくなってしまうのです。

飲酒によって痛みを感じやすくなる

飲酒によって普段より体温が上がったり肌が乾燥すると、刺激に敏感になります。

刺激に敏感になるということは、痛みを感じやすくなるということなので、脱毛を受けるときにいつもと同じ光やレーザーの出力でも、痛く感じてしまうこともしばしば。

痛みをできる限り感じないように脱毛するために、脱毛前後の飲酒は控えましょう。

脱毛前後の飲酒を避けたい時間の目安は12時間

「脱毛前後にお酒を飲んじゃいけないことは分かったけど、前後って具体的に何時間?」と思った方のために、飲酒をしてはいけない時間の目安をご案内します。

ずばり、多くのサロンなどで施術の12時間前後と決められています

ただし、体質には個人差があり、多くのアルコールを摂取した場合などは空けるべき時間をもっと長くしたほうが良いでしょう。あくまで一つの目安として考えて、実際には脱毛を受けているサロンやクリニックの注意事項に従ってくださいね。

もちろん脱毛後の飲酒もご法度!

ここで見落としがちなのが、飲酒がNGなのは「脱毛前」だけでなく「脱毛後」も当てはまるということ。

脱毛した後は皮膚がダメージを受け、乾燥している状態。先ほど述べた肌トラブルが起きないよう、より気を付けなければいけない時期なので、施術が終わってからしばらくはお酒を控えましょう。

脱毛サロンによっては、安全のために3日から1週間ほどは控えたほうがいいと考えているところもありますよ。

うっかり脱毛前にお酒を飲んでしまった時の対処法

脱毛前後はお酒がNGだと知っていても、サロン・クリニックを予約している日や前日に飲み会の予定が急遽入ってしまうこともありえますよね。

飲み会の予定が分かった時にすぐサロン・クリニックの予約を変更できるのが理想です。

ただ、予約を変更し忘れていたり、急な飲み会でうっかり飲酒してしまった場合は、できる限り当日キャンセルで予約日の変更をお願いしましょう。

飲酒によって脱毛の弊害が出ても自己責任

「少しくらいなら…」と思って飲酒してから脱毛を受けると、思いもしない弊害(肌トラブル)によって大きな後悔をしてしまうかもしれません。

周りに「脱毛前後に飲酒しても問題ないよ」という人がいてもヒトはヒト。自分の大事な肌を守るために、できる限りの自衛に努めるべきです。

なお、当日キャンセルの料金などの決まりはサロン・クリニックごとに異なるので、以下のキャンセルポリシーを参考にしてみてくださいね。

【サロン別】飲酒NGな時間とキャンセルポリシー

脱毛前後の飲酒してはいけない時間とキャンセルの決まりについて、人気サロンごとに調査しました。参考にしてみてくださいね。

キレイモ

前後12時間は飲酒を避けるように公式サイトに明記されています。プランによってキャンセル連絡期限は異なりますが、いずれも当日キャンセルは1回分消化扱いとなります。

ミュゼプラチナム

ミュゼも前後12時間は飲酒を避けるように公式サイトに明記しています。キャンセルはお手入れ開始時間の24時間前までOKで、それ以降は消化扱いで返金なし。

銀座カラー

具体的な時間はHPに明記していませんが、施術当日は飲酒を避けるよう注意されています。前日の19時までの連絡だとペナルティなし、それ以降は消化扱いまたはキャンセル料が発生。

シースリー

HPに時間の明記はありませんが、飲酒前後は肌トラブルを起こす可能性が高いため施術できない旨が書かれています。キャンセル・予約変更ともに予約時間の1分前までOK。

ストラッシュ

施術当日の飲酒は控えるようHPの記事に書かれています。前日20時まで予約変更可能で、それ以降は1回分消化扱い。

恋肌

HPには書かれていませんが、前後24時間は飲酒を控えるようアナウンスされるようです。オンラインであれば前日の18時まで変更可能、それ以降は1回分消化扱い。

脱毛ラボ

脱毛前日と脱毛直後は飲酒禁止としています。前々日までキャンセル料なし、前日はキャンセル料1000円、当日はキャンセル料なしで1回分消化扱い。

エピレ

脱毛前日と脱毛直後は飲酒禁止としています。初めての利用の場合は電話から、2回目以降の場合はマイページから当日予約変更できます。いずれもキャンセル料はかかりません。

【クリニック別】飲酒NGな時間とキャンセルポリシー

次に、脱毛前後の飲酒してはいけない時間とキャンセルの決まりについて、人気のクリニックの情報をご紹介します。

アリシアクリニック

HPに明記ありませんが、前日と当日は飲酒を控えるようアナウンスされるようです。

無断キャンセルOKでキャンセル料は不要、回数の消費なしと書かれていますが、お店の人やほかのお客さんに迷惑をかけちゃうので、できるだけキャンセルの連絡はするべきでしょう。

リゼクリニック

飲酒は前日・当日・翌日まで控えるようHPに書かれています。キャンセル連絡は2日前の20時まで。ただ期限を過ぎてもキャンセル料はかかりません。

湘南美容外科クリニック

脱毛当日は飲酒を控えるようHPに書かれています。キャンセル連絡は2日前の23時まで。それ以降のキャンセルは3,000円がかかります。

レジーナクリニック

飲酒に関してHPでは明記されていまません。予約変更は前日の20時までOKで、それ以降は1回分の消化扱いとなってしまいます。

脱毛の予定日を避けてお酒を楽しもう

ここまで、脱毛を受ける前後の飲酒がNGな理由や、飲んでしまった場合の対処法、人気サロン・クリニックのキャンセルポリシーについてご紹介してきました。

自己処理の場合やそれぞれのサロンやクリニックで細かい決まりは違うものの、飲酒は肌のコンディションに影響を与えるので、特に脱毛前は注意するようにしましょう。

適切なタイミングでお酒を楽しみつつ、快適な脱毛ライフを過ごしてくださいね。